時間を大切に介護生活

認知症の義母さんとの日々をつづります。

義母さん、寝ない!食べない!

気分に波がある義母さん。

認知症から来ているのか、老人性鬱からか、元々の性格もあるのでしょう。

食べない!は、私の気分を害します。せっかく作ったのに〜

でも、もっと困るのは、寝ない!

先週は、それが2日もあり、昨日は、夜はバイトなので、旦那さんに任せました。

 

もう!知ーらない!

義母さんがデイサービスで助かります

本当にありがたい。

祝日営業のデイサービス!

最高ですね。これがなかったら、在宅介護をとっくにギブアップしていたかもしれません。

 

のんびりできるひとときは大切です。

昨日はバイトで、深夜に調子に乗って、炒飯と餃子を食べちゃった!

たまに持ち帰り注文するのですが、店長が奮発して、炒飯を特大盛りにしてくれるの。

美味しいから、つい食べてしまった。

あとでストレッチしよう。

祝日はカーブスがお休みなので。

 

貴重な祝日をのんびりと、楽しみます!

義母さん、デイサービスへGO!

土曜日、そして月曜日が祝日で三連休にさらに!火曜日は義母さんの通院介助で、四連休!

 

この前まで正月休みでしたけどね。

休みは大事。

会社員とは有り難いものです。有給バンザイ!

 

先日会った知り合いの会社は、未だに有給が取りづらい社風なんですって。今どき〜とは思いますが、ありますよね、そういうのって。

きっと、そういう会社は介護との両立は難しいと思います。

 

今日は、カーブス、日本刺繍とやって、ゆっくり家で過ごします。

お正月に完成出来なかった、もう一つの刺繍を完成させよう!

義母さん、今日も健康です

仕事を終えて、カーブスやって、急いで帰宅!

夕飯をつくります。

カジキマグロの煮付け、ご飯、カブのぬか漬け、おろしナメタケに、なめこと豆腐のお味噌汁。

うん!完璧!

 

義母さん、完食です。

さーて、お仕事は後2日!

明日は新年会です。

忘年会は全部断って、新年会に。

旦那さんが忘年会行きまくり!アンド、仕事も忙しかったし、身体が限界でした。

1月と2月は、友達に会うぞ!

義母さん、嫁が分からない〜

私を分からなくなる時がたま〜にあります。

もう、とっくに気にしなくなったので、なんてことはない。

早めに就寝できるし、楽なもんです。

 

仕事も始まったし、デイサービスで健康に過ごし、食欲のある義母さんは元気になるばかり。

 

不思議な顔でわたしを見るときは、忘れているとき。

主人はショックを受けるので、気づかないふりで、やり過ごします。

 

さて、今日も、定時であがって、カーブスへ行こう!

義母さん、初詣で、疲れ切った〜

主人が義母さんに初詣をさせたい!と。

シェアカーを借りて、近くの神社へ。

 

やっとお参りできました。

途中、何度も、動けない〜と言い続ける義母さん。

こういう時の認知症は強い!

言い続けられる相手の事はお構いなし!

 

明日から、仕事。

その前にバイトだ!

義母さん、今日からデイサービス!

わーい、今日からデイサービスが始まります。ありがたい!

本当に感謝です。

 

昨年から訪問歯科を入れました。

一回の訪問料が800円程度。私の時間を取られることをかんごえたら、安い!

診療費は、精神障害一級で0円。

で、今は隔週の月2回。来てもらっています。

とっても良い先生で、在宅介護の大変さを理解してくれて、私の心も助かっています。

 

仕事開始は来週の月曜日からなので、後2日!ゆっくりします。

刺したかって刺繍が一個完成!ものすごい達成感!

さぁ、もう一個を、この休みで完成できたら、いいな。

今日から始めます!

義母さん、今日も健康な生活を送っています

しばらくブログにログインができないPC環境だったので、ご無沙汰です。

年が明けて、昨年を振り返ってみると~

自分の時間とのバランスをとることを優先したきたつもりが、身体には影響が徐々に出ていたようで、年一だった、具合の悪いが、年に3回もあり、とうとう11月には3日も寝込んでしまいました。

やはり、在宅介護は家族の負担が大きい。

 

昨年は家もガタがきており~

年末には給湯器から水が漏れる状態になり、でも、ラッキーな事に31日に交換が完了!お湯のできい状態がわずか1日だけ。という。よかった。

メーカーさん直に対応していただいたので、人によっては高い!という方もいましたが、在庫や納期を考えたら、ベストな選択だったと思います。

中古の戸建てを購入したので、建ってからだいぶ時が経っています。その分、エアコンやらカーテン、照明付きで、安く購入できたので、初期投資無し!だったのがありがたい。

給湯器代は良しとします。

 

義母さんは本日までデイサービスがおやすみ。

昨年新たに、刺繍を始めました。これをやっていると怒りもおさまる。。。よかった。少しずつですが、月一の教室にも通っています。これがまた良い刺激。難しい日本刺繍を習っています。作りたい作品があるので、それをいつか作れる人を夢見て。

 

同居介護6年目に突入です。認知症発症から9年目。さらに健康になっている義母さん。私が倒れても、我関せずに生きている姿をみると。。。まだまだ続くよ、介護生活。

義母さんの排泄介助を考える

義母さんと同居介護する上で、重要な要素が排泄介助。

おむつではないので、トイレへの誘導、見守りが必要です。そして、最大のチャレンジは失敗時の対応。

これが、主人には全くできません。また外出先での見守りは男性には難しい。。。と難題があります。

なので、対応は私がする事となります。

失敗したときは、速やかに、本人のせいにせずに片づける。家には子猫ちゃんがいるので、子猫ちゃんがした事にして、素早く行動。義母さんが混乱しないよう、お風呂でシャワーをかけて体をキレイにして、汚れた個所は掃除、洗濯をし、本人はすっきりさせて、何事もなかったようにする。

この作業が主人には無理です。

呆然として、なぜこの事態に陥ったのかの原因を探っています。同時にショックも受ける。

これはもう、同居して5年経っても変わらない。

理由は無いんですよね。失敗は失敗。介護者の使命は本人を傷つけず、混乱させず、速やかに対処する。それのみ!状況は悪化しかないわけで、好転しないんだからね。

と説明しても、主人は承服しかねる様子。

で、同じ事が繰り返されます。

外出先では、気が抜けない。1時間おきには必ずトイレへの声掛けをしますが、直前にしか言い出さないので、ある程度、車で高速を走ったりするときは、無理にでも連れ出します。それをせかさず、怒らず、誘導する。そして、トイレのドアの鍵かけと水を流すのが義母さんには無理なので、見守り。一緒に入るのはさすがに嫌なので、外で見守り、流してない場合は、流します。

それでも自宅では自分でトイレに行けるからまだいいか。失敗も多いし、トイレを汚しちゃうし、下着につけたままとかしょっちゅうですが、良し。としています。

排泄介助って本当に大変ですよね。

おむつにした事もあるのですが、トイレに流して、つまらせる。という行動に認知症の人はなるんです。家も何度も経験して、今は様子見です。歩けなくなれば、おむつでしょうね。

 

にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村